心理セラピーについて

■どうしてこんなに毎日がしんどいの?


■なぜかいつも生き辛い。

■いつも、特定の何かが気になる

■いつも、同じことで失敗してしまう

■いつも、最後までやり遂げることが出来ない

■うまくいきそうになると逃げてしまう

■他人の目が気になる

■子育てがつらい

■子供の声を聞くといらいらする

■子供を可愛いと思えない

 

などなど

何故か判らないけどしんどい思いを

あなたは持っていませんか?

 

それらのことを、自分の性格のせい・・・と

あきらめてしまっていませんか?

性格だから変えられないと

あきらめてしまっていませんか?

 

でもそれ・・・・

ほんとに『あなたの性格』なのでしょうか?

 

もしも、その性格が自分以外の誰かの

思いや価値観から作りだしてしまったもの・・・

なのだと知ったら、あなたはどうしますか?

 

■性格は変えられる!? 

 

貴方が性格だと思いこんでいる生き辛さ。

どうしても上手く出来ない何か。思いこみ。

それらは幼い頃に身につけてしまった

ビリーフと言われるものが原因と言われ

必ずしも“性格”とは言えない部分も

実はとても多いのです。

 

幼い頃に

親や周りの人達にかけられた言葉や

その頃に体験した出来事によって

自分の中に『あるパターン』を作ってしまったもの。

それがビリーフの正体です。

 

例えば、

 

●家の中で騒いで遊んでいたら親に怒られた

⇒自由に行動したら怒られる

●親に自分の思いを伝えたら怒られた

⇒言いたいことを言ったら嫌われる(否定される)

 

などなど、ビリーフと言われるものの多くは

幼少期の体験をもとにして作られています。

 

つまり、ビリーフとは

子供が自分(の心)を守るために

身につけてきたもの・・・

決して、悪いものではありません。

 

ただ。それらのビリーフは

大人になった今の私達、今の貴方には

必要ではなくなっていることも多いのです。

あの時の小さな貴方にはピッタリだったけど、

今の貴方にはもう、窮屈になってしまった

サイズが合わなくなってしまった服のように。

 

 

その服を脱ぐお手伝いをするのが

心理セラピーです。

 

 

小さくなってしまった服は

実際、着心地が悪くて脱いだ方が楽なのに

長い間、身体にピッタリ張り付いていた為に

脱ごうとしても1人では脱げなくなっていることが

多いのですよね。。

 

 

なぜなら、その服を用意してくれたのが

自分にとっての大切な人だったから。

多くは自分の両親の為に用意した・・・

自分を守るためであり、親を守るためでもあった

大事な洋服だったから。

だから、脱ごうと思っても脱ぐことが

とても怖かったりするのです。

 

 

でも。貴方はもう大人になったし

あの頃の小さな貴方が出来なかったことが

今の貴方には沢山、出来るはずなんです。

 

 

自分を守ることも

これからの人生を決めることも

自分らしく生きる人生を選ぶことも

 

 

もっと自由に

自分を大切にして生きていって

良いんです。

 

 

なぜなら人はみんな、

幸せになる為に生れてきたのだから。

 

 

幸せになるために

もっと自分らしく自由に生きられるように

理セラピーはそんな貴方を応援する

力強く優しいセラピーなのです。

 

安心してゆったりと

セッションを受けて頂けるよう

1日1組さま限定の

女性専用サロンとなっています