セラピーを受けるのは特別な人?

『心理セラピー』と聞くと

なんだか特別な人が

特別に悩んでいる人が

受けるものだと思ってしまう人が

まだまだ多いようです。

 

テレビで心理カウンセリングの番組が

出来たりしたこともあって

一昔前よりは随分、セラピーというものが

世間的に認知されてきたように思いますが

でも・・・まだまだ、一部の人だけのものと

思われている部分も多いように感じています。

 

でも、悩んでいることに気付かないほど

そのことが当たり前になっていること・・・

あまりにも長い間、そうして生きてきた為に

そういう風に生きるのが当たり前だと

思いこんできてしまった生き癖の数々。。。

 

それらが、本当は今の自分を

少しずつ苦しめているということに

気付いていない人が多いなぁと

私はひそかに感じています。

 

☑なぜだか分らないけど子供に苛々する。

☑なぜだか分らないけど夫に腹が立つ。

☑なぜだか分らないけど実家に行くのが辛い。

☑なぜだか分らないけど、いつも疎外感を感じる。

 

などなど・・・・・一つ一つは小さなこと。

 

子供がご飯をこぼす、

子供が言うことを聞かない、

夫が何か知らないけど意地悪を言う、

ご近所さんと何かうまくいかない

etc・・・

 

一つ一つの悩みは小さすぎて

とりたてて「問題」という程ではないからと

そうして自分の心をナカッタことに

感じた自分の思いをナカッタことに

してしまう人達がとっても多いんですよね。。

 

もちろん、それでも生きていけるんです。

こうして生きていくのが人生なんだなーって

そう思って生きていく・・・

それでも全然良いんです。

 

自分が辛くさえなければ

 

他の誰でもなく

貴方自身が

辛いと思っていないなら

 

それなら全然良いのです。

セラピーなんて受ける必要ないんです。

心のこと?そんなの知らんって

生きていても全然大丈夫なんです。

 

 

でもね・・・・・

ほんの少しでも、ツライ感情があるなら

ほんの少しでも、日々に苦しさを感じるなら

自分を大事にしてあげること

自分に少しだけ優しくしてあげること

許してあげてほしいなぁと思うのです。

 

 

セラピーはご飯や服と違って

ナケレバナラナイモノではないだけに

つい・・・自分の心は後回しにしてしまう。

だって辛くても生きていけるから。

どんなに子育てが辛くても、

どんなに毎日しんどくても

育てられない訳ではないから。

ご飯も作れるし

お風呂にも入れてやれる。。

必要最低限のお世話も出来る。

 

 

でも・・・・・その時、

貴方は笑っていますか?

笑える時間、持っていますか?

 

 

子供のため、夫のため

親のため、誰かのため・・・

一生懸命頑張ってる貴方が

1人の時間に笑える時間を

持っていることが出来ていますか?

 

 

辛い思いを

吐きだせる相手は

傍にいますか?

 

涙を流せる

場所はありますか?

 

 

もし・・・・それがないなら。。

感情を出すこと

伝えたかった思いを伝えること

それだけで、生きていることが

ぐっと楽になることを

知ってほしいなぁと思うのです。

 

 

誰かを変えるためじゃなく

自分を変えるために

セラピーを受けてみる勇気を

持ってもらえたら嬉しいなぁと

思っています。