さて。先日セッションを受けて下さった方から

感想のメッセージを頂きましたので

ご本人のご了承を得て紹介させて頂きますね。


------------------------------------------


きたむら じゅんこさま

昨日はありがとうございました。


自分ではそんなに気付いてなかったのですが

怒りを出すのが苦手だったみたいですね。

私が怒りを出すと

親がえらそうにしてとさかんに言う人だったり

父親がためていたものを出すかんじで

怒り出すというのが苦手だったり

人前で怒りを出しても

違うようにとられたりということが

あったりしたからかもしれません。

でも何だか言うと泣きそうになるところがあって

体の反応は正直苦手だなと思いました。

初めての心理セラピーだったので

じゅんこさんが様子をみながら

進めて下さったのが良かったです。

すぐにどうなるというわけではないと思いますが

言われたことを心にとめて進んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

--------------------------------------------

今回、初めて心理セラピーを

受けて下さったOさま。


無意識に出る身体の反応から

心に深くアクセスしていく・・・

と言う心理セラピーのスタイルに

抵抗を感じられたのかもしれませんね。


身体の反応って

自分で意識していない範疇の

無意識の筋肉の反応から

起こってくるものなので

どうしても、、、

ついうっかり出てしまう

と言う感じで出てしまうんですよね。


無自覚の反応だから

押さえることが出来ない感じ。。

なのかもしれません。


でも、だからこそ

心理セラピーでは

身体の反応を重視しています。

言葉よりも身体の反応を

重視しています。


なぜなら・・・

その身体の反応が示すことこそ

貴方の本当の心の声だから。


常日頃、頭を使って使って

理性で自分の本心を隠し、、

辛い気持ちや、悲しい気持ちを

抑え込んでいる人に


本当はこんな風に

感じてるのかもしれないよ?

って気付いてもらうために


自分自身でさえも

自覚していなかった

身体の反応に注目してもらいながら

自分の意思と感覚で、

内側に押し込めた

押さえてしまった自分を

感じてもらうのです。


そこには、嘘もごまかしも

通用しないシビアさがあります。


直面せざるを得なくなる・・・

痛みがあるのは確かです。


でも、だからこそ・・・

本当に向き合えた時の変化が

大きいのだと思っています。


変化は簡単には起きないかもしれないし

セッションを受けても

何も・・・変わらないように

感じてしまうかもしれないけれど


セッションで始まった

気付きの点は、、

静かに心の中に広がりつづけます。


普段は忘れていても

ふとした時に・・・

ふわっと思いがよみがえることも

あるでしょう。


もしかしたら、、、

セッションの時には感じられなかった

怒りや悲しみと言った感情を

時間が経ってはじめて

感じる、と言うこともあるかもしれません。


そうして初めて・・・

自分が感じないようにして来たこと、

見ないふりをして来た感情に

気付いていくことが出来るのです。


自分がいかに我慢してきたか、、

自分がいかに心を封じてきたか、、


そこに自分自身で気付いて初めて

変化への一歩を踏み出すことが

出来るのです。


私のセッションは緩やかです。

それは、私が一番何よりも

大事にしていることが


クライアントさんに

自分で気付いてもらう

と言うことだから。


セラピーはセラピストがするものじゃなく

クライアントさんが望んだ分だけ

覚悟した分だけ進むものだから。。


だから、私はその時間を

大事に大事にしながら

セッションさせて頂いています。


ゆっくり、、丁寧に

自分と向き合いたい人や

何となく人が怖くて

セラピーを受けたいんだけど

色々言われそうなのが怖い、、

と言うような人に


私のセッションは

向いてると思います。


焦らずに生きましょう。


あなたの人生は

あなたのものです。


あなたがあなたらしい人生を

その手にしっかり掴めるように

その手に取り戻せるように

私は応援しています^^


Oさま、このたびは感想を

本当にありがとうございました^^